子供近視が90%治るアイトレーナーとは?

子供近視 視力回復 視力アップ成功 アイ・トレーニング

子供近視が回復するアイトレーナーは現役インストラクターがすでに800人以上の
正視(0.8以上)達成者にアドバイスしてきた、貴重な情報です。
子供近視の視力回復マニュアル付で、
さらに3ヶ月メールサポートも付いている為、子供近視の為のアフターフォローも万全。
自宅にいながら子供近視が成功90%の指導が受けられる業界初のものです。

限定割引中!

なんと、約90%の方が回復ー詳しくはコチラ

子供近視が90%治る喜びの声

子供近視 視力回復 視力アップ成功 アイ・トレーニング

くわしいアドバイスをいただき、大変ありがとうございます。
ミ○リ○は中止にし、××をつけるのをやってみます。
また、眼科の方へ電話をして、子供の△△をおしえてもらいたいと思っております。
添付していただいたマニュアル、きちんと閲覧できました。
とても分かりやすく、すごく参考になりました。
ありがとうございます。

                      岩手県 tackyさん
限定割引中!

なんと、約90%の方が回復ー詳しくはコチラ

子供近視がよくなるアイトレーナーと他の方法との価格比較

子供近視 視力回復 視力アップ成功 アイ・トレーニング

眼科でのレーシックという 視力回復手術 は、20万円から50万円です。
各地にあるセンター は自宅訓練機が7万前後、トレーニング料は一回2000円から3000円で
トータル10万から20万の費用がかかってしまいます。

子供近視のアイトレーナーはマニュアル、メールサポート付きで88000円。
さらに今だけ、限定割引で→→78000円

なんと、約90%の方が回復ー詳しくはコチラ

子供の近視 あなたのお子さんの目をよくするには一体どうしたらいいのか?

子供近視 視力回復 視力アップ成功 アイ・トレーニング


過去2年半で子供近視が正視(視力0.8以上)になった、
700人以上の子供の会員さんに、アドバイスをしてきた経験から言わせていただくと、

1、子供近視で目や視力に関する間違った常識を見直し、正しい知識を身につける。
2、専門家のアドバイスを受けながら、子供近視で多くの成功者の出ている
  本物のノウハウを学び 実践する。
この二点につきます。

「巷でうわさされている、ブルーベーリーサプリって本当に眼にいいか?」  とか
「3Dのマジカルアイとかっていう絵本で本当に眼が良くなるのか?」  とか
巷のうわさや宣伝文句で行動しないでください。

では子供近視は何をやったら効果が出やすいのか?
皆さんが集めようとしてもなかなか表に出てこない情報やノウハウを手に入れて
実践するに限ります。

限定割引中!

なんと、約90%の方が回復ー詳しくはコチラ

子供近視、目に関する常識のウソ その1

子供近視 視力回復 視力アップ成功 アイ・トレーニング

「子供近視になりはじめたら、すぐに眼鏡をかけなければ、どんどん悪くなってしまう」という常識のウソ。

多少視力が落ちた状態というのは、屈折緊張の状態(昔で言う所の仮性の状態)。
この時、眼鏡をかけずに、田舎に引っ越したとか、何かの事情でゲームをしなくなったなど、
生活環境や生活習慣の変化で、いつの間にか子供近視がよくなったという話はよくある話です。

しかし、子供近視で眼鏡をかけ始めたら、さらに度がどんどん進んでしまい、
毎年眼鏡を買わなければならなくなったということはあっても
いつのまにか子供近視が良くなったという話は聞いたことがありません。

すなわち、これらは全くのでたらめだということ。

限定割引中!

なんと、約90%の方が回復ー詳しくはコチラ

子供近視の目に関する常識のウソ その2

子供近視 視力回復 視力アップ成功 アイ・トレーニング

「眼鏡をかけたりはずしたりすると、子供近視がどんどん進む」という常識のウソ。

眼鏡は5m先が焦点ですから5m以上先を見るぶんには、問題がありません。
しかし特に手元30cmの距離を眼鏡をかけてみていると、網膜より後ろに像を結んでしまうため、
目が形を変えて(網膜を後ろに下げて)はっきり見ようとします。
つまり、目がレンズの度にあわせて、状態を進めてしまうと言うこと。

子供近視でも眼鏡なしで見えている、手元30cmのところを、眼鏡をかけていつも見ていたら、
いつの日か眼鏡なしではその手元も見えなくなってしまうということ。
すなわち「眼鏡はかけたり、はずしたりしなければ、子供近視が進んでしまう。」

ということを正しい常識として覚えておいてください。

限定割引中

なんと、約90%の方が回復ー詳しくはコチラ

子供近視の目に関する常識のウソ その3

子供近視 視力回復 視力アップ成功 アイ・トレーニング

「遠くの景色をみると、目が良くなる」という常識のウソ。

長時間テレビや本を読んでいると目が悪くなるので、目を休めることが大切といわれる。

しかし視力0.3以下の人は遠くを見てもぼやけるだけで、
ましてや星は月ほどの大きなものは別として、ほとんど見えません。
裸眼ではっきり見えないものを見ていても、目をつぶっている状態なので、
あまり意味のないこと。

ですから、子供近視にとって本当の休みは、近くを見続けて緊張状態にあった
目の筋肉の緊張を解いてやること。
そのためには裸眼ではっきり見える範囲内で、できるだけ遠くを見る事がもっとも
効果のある事になる。

「子供近視は裸眼で見えるところで近くと遠くを交互に見ると目がよくなる。」
と言うことだと覚えておいてください。

限定割引中!

なんと、約90%の方が回復ー詳しくはコチラ

子供近視の目に関する常識のウソ その4

子供近視 視力回復 視力アップ成功 アイ・トレーニング

「目を酷使すると子供近視は悪くなる」という常識のウソ。

子供近視で視力低下の第一の原因は長時間同じところを見続ける事によって
目のピント調節の筋肉を長時間固定してしまうために起こるのです。

目は視線を動かせば、無意識に対象物にピントが合うようにピント調節の筋肉を動かします。
逆に長時間視線をあまり動かさずにいると、ピント調節の筋肉が運動不足になり視力が低下する。

「目を酷使するというよりは、目の筋肉の運動不足で目が悪くなる」と言うのが正しい常識。
よって子供近視でも、頻繁に視線を変えて、ピント調節の筋肉を動かすことが、
視力低下を予防になる。

限定割引中!

なんと、約90%の方が回復ー詳しくはコチラ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。