子供近視、目に関する常識のウソ その1

子供近視 視力回復 視力アップ成功 アイ・トレーニング

「子供近視になりはじめたら、すぐに眼鏡をかけなければ、どんどん悪くなってしまう」という常識のウソ。

多少視力が落ちた状態というのは、屈折緊張の状態(昔で言う所の仮性の状態)。
この時、眼鏡をかけずに、田舎に引っ越したとか、何かの事情でゲームをしなくなったなど、
生活環境や生活習慣の変化で、いつの間にか子供近視がよくなったという話はよくある話です。

しかし、子供近視で眼鏡をかけ始めたら、さらに度がどんどん進んでしまい、
毎年眼鏡を買わなければならなくなったということはあっても
いつのまにか子供近視が良くなったという話は聞いたことがありません。

すなわち、これらは全くのでたらめだということ。

限定割引中!

なんと、約90%の方が回復ー詳しくはコチラ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。